Maroontress Fast Software Coverture
Top
Download
Release Notes
Appendix

Release Notes

リリースノート 20100704 (2010-07-04)

  • coverture-20100704.tar.bz2をリリース。
  • バグ修正:
    • g++の生成するgcnoファイルを処理したときに、負の複雑度などの正しくない複雑度を出力するバグを修正。
    • 与えたファイルをすべて正常に処理できない場合、コマンドがブロックして終了しないバグを修正。

リリースノート 20100607 (2010-06-07)

  • coverture-20100607.tar.bz2をリリース。
  • 新機能と変更:
    • --no-sortオプションを指定した場合は、--threadsオプションを無視して、シングルスレッドで処理するようにした。
    • --verboseを指定したときにヒープの使用状況を標準エラー出力に表示するタイミングを、処理前と処理後の2回に変更。

リリースノート 20100525 (2010-05-25)

  • coverture-20100525.tar.bz2をリリース。
  • 新機能と変更:
    • --no-sortオプションの追加。
    • --verboseを指定したときにヒープの使用状況を標準エラー出力に表示するにした。
    • デフォルトのJVMの最大ヒープサイズを256Mバイトに変更。
    • 環境変数COVERTURE_JVM_OPTIONSでJVMにオプションを渡せるようにした。
  • バグ修正:
    • ビックエンディアンのプラットフォームで生成されたgcno/gcdaファイルの64ビット値を正しくパースできないバグを修正。
    • XMLファイルに出力するときの改行コードをLFに統一。
    • コンソールに改行を出力するときにプラットフォームの改行を出力するように修正。

リリースノート 20100404 (2010-04-04)

  • coverture-20100404.tar.bz2をリリース。
  • バグ修正:
    • gcovが解ける関数フローグラフを解けないバグを修正。
    • コンソールに改行を出力するときにプラットフォームの改行を出力するように修正。
    • checkstyleの警告が出ないようにした。

リリースノート 20081005 (2008-10-05)

  • coverture-20081005.tar.bz2をリリース。
  • 新機能と変更:
    • --gcovオプションを追加。gcov互換のガバレッジ結果を生成できるようにした。
    • --output-dirオプションを追加。ファイル出力先ディレクトリを指定できるようにした。
    • --gcov-file-charsetオプションを追加。出力するカバレッジ結果の文字セットを指定できるようにした。
    • --source-file-charsetオプションを追加。入力するソースファイルの文字セットを指定できるようにした。
    • ソースファイル毎のカバレッジのサマリをXMLの出力に含めるようにした(sourceList要素とsource要素)。
    • XMLの出力でgcno要素の属性にgcnoファイルのパスを含めるようにした。
    • --threadsオプションを追加。
    • --input-file=-で標準入力からファイルリストを入力できるようにした。
    • --verboseオプションを追加。--verboseを指定したときは生成したgcovファイルのファイル名を標準エラー出力に表示するようにした。
  • バグ修正:
    • gcnoファイルがgcdaファイルよりも新しい場合と、gcdaファイルに含まれる関数IDがgcnoファイルに存在しない場合に、警告を標準出力に表示するバグを修正。
    • XMLの出力で、ファイル名または関数名に「'」が含まれていてもエスケープしないバグを修正。
    • --input-fileオプションで指定したファイルに含まれるパスの拡張子が.gcnoでなければ、NullPointerExceptionで終了してしまうバグを修正。
    • gcdaファイルの終端に4バイトの0が存在してもパースできるようにした。

リリースノート 20080920 (2008-09-20)

  • coverture-20080920.tar.bz2をリリース。
  • 新機能と変更:
    • 引数に指定したgcnoファイルが存在しない場合、次の引数の処理に移るようにした。
    • 引数に指定したgcnoファイルの拡張子をgcdaに変えたファイルが存在する場合は、そのgcdaファイルからデータを入力するようにした。
    • gcdaファイルからデータを入力した場合は、アークと基本ブロックの実行回数を表示できるようにした。
    • アークの「無条件分岐」属性を表示できるようにした。
    • 基本ブロックの「呼び出しからの戻り」属性を表示できるようにした。
  • バグ修正:
    • ${prefix}/bin/が存在しないとき、ant installが失敗するバグを修正。
    • ant install実行後にant install -Dprefix=/anotherを実行すると、/another/bin/にスクリプトが正しくインストールされないバグを修正。

リリースノート 20080909 (2008-09-09)

たなか ともひさ