Maroontress Fast Software Japanese XIM Server
Top
News
Feature
Screenshot
Download
Document
Bug

ダウンロード

最新版はimserver-20050212.tar.gzです。主に動作確認したプラットフォームは次の通りです。

  • FreeBSD 4.10 + XFree86 4.4.0
  • Red Hat Linux 9 + XFree86 4.3.0

必要な構成

次のものをインストールしておく必要があります。

  • SJ3またはCanna
  • Berkeley DB(Linuxの場合)

FreeBSD 4.10では次のportsで動作確認しました。

  • ja-Canna-3.7p3
  • ja-sj3-2.0.1.20_1★1

Red Hat Linux 9では次のrpmで動作確認しました。

  • Canna-3.6-12
  • Canna-devel-3.6-12
  • Canna-libs-3.6-12
  • db4-4.0.14-20
  • db4-devel-4.0.14-20

★1 ja-sj3-2.0.1.20_2以降ではある理由でsj3servが動作しません。FreeBSD 5.3以降(そしておそらく4.11以降)でsj3を使用する場合、portsを利用せずここからインストールするべきでしょう。


ビルドとインストール

tar ballを展開後、環境に合うようにImakefileを編集します。Imakefileでは、最低限、次の項目について指定する必要があります★2

  • InstallBinDir: 実行形式ファイルのインストール先ディレクトリを指定します。
  • ConversionEngine: 日本語変換エンジンとして、SJ3もしくはCANNAを指定します。
  • Sj3IncDir, Sj3LibDir: [ConversionEngineSJ3を指定した場合のみ] それぞれsj3.h, libsj3lib.aがあるディレクトリを指定します。
  • CannaIncDir, CannaLibDir, CannaDir: [ConversionEngineCANNAを指定した場合のみ] それぞれcanna.h, libcanna.so, dicディレクトリがあるディレクトリを指定します。
  • BerkeleyDBType: [Linuxの場合のみ] /usr/include/db1/db.h/usr/lib/libdb1.soがインストールされている場合はDB1を、/usr/include/db_185.h/usr/lib/libdb.soがインストールされている場合はDB185を指定します。
  • Debug: 普通は#undefしてください。

Imakefileを変更したら、xmkmf -a ; make ; make installで完了します。

★2 FreeBSDを使用していて、SJ3またはCannaをportsでインストールしている場合、基本的にConversionEngineを選択するだけでビルドできるようになっています。


リソース設定

付属のリソースファイルSymbol.adRomaji.adTriggerKey.adOptimization.adを、~/.Xdefaultsやリソースデータベースの内容に追加、更新します。それぞれのリソースファイル内容は次のようになっています。

  • Symbol.ad: 半角全角変換、ひらがなカタカナ変換を定義するシステムリソースです。定義内容を変更する必要はありません。そのまま現在のリソース設定に追加します。
  • TriggerKey.ad: 日本語入力モードの切替えキーの設定を定義するリソースの解説と例です。ファイルの内容を参考に、好みに合わせてリソース設定に追加してください。
  • Romaji.ad: ローマ字かな変換のための前変換設定を定義するリソースの解説と例です。そのままリソース設定に追加してください★3。ローマ字かな変換について調整する必要がある場合は、このファイルを参考にリソースを修正してください。
  • Optimization.ad: クライアント毎に動作を最適化するリソースの解説と例です。OpenOffice、Mozillaや、KDEのアプリケーションを使用する場合は、問題があるクライアントの対策を参考にして設定してください。

そのほかのリソースの詳細はリソース一覧を参考にしてください。また、キー割り当ての定義に関しては、キー定義説明書を用意しておきました。

設定ファイルを0から書くのも大変なので、雛型としてCannaライクな設定SKKライクな設定を用意しました。

★3 かな入力の場合、このリソースは不要です。


起動

XIMサーバの起動

このXIMサーバは日本語EUCロケールでのみ動作することに注意してください。次のように、日本語EUCロケールを設定、日本語EUCのリソースを読み込んでから、サーバを起動します。

% setenv LANG EUCロケール名
% imserver &

具体的には、FreeBSDでは次のようにして起動します。

% setenv LANG ja_JP.eucJP
% imserver &

On-The-RootOver-The-Spotスタイルを使用する場合は、XIMレシーバも起動してください。

XIMクライアントの起動

サーバを起動したら、クライアントからそれを利用できるようにする必要があります。そのためには環境変数XMODIFIERSを次のようにセットしてから、クライアントを起動します。

% setenv XMODIFIERS @im=syl

なお日本語EUCロケールで動作するクライアントだけではなく、SJISロケールなどの日本語ロケールで動作するクライアントも、このサーバを利用することができます。


Last modified: Sat Feb 12 05:19:07 JST 2005
たなか ともひさ