Maroontress Fast Software Mad Angler
Top
Download
Tutorial
Manual
Reference
Release Notes

Download

最新版はmadangler-20080908.tar.bz2です。リリースノートと過去のリリースはRelease Notesから取得してください。


必要な構成

ビルドできたプラットフォーム

以下のプラットフォームでビルドを確認しました(i386アーキテクチャのみ)。

  • FreeBSD 6.3
  • Ubuntu 9.04
  • opensSUSE 10.3

ビルドに必要なもの

ビルドは次のものに依存しています。

各プラットフォームではそれぞれ次のように準備するのが簡単です。

FreeBSD 6.3
GWTはgwt-linux-1.5.3.tar.bz2をダウンロードして、適当なパスに展開しておきます。さらにlibstd、libcgiと、以下のportsをインストールしておきます。
  • devel/gmake
  • devel/pkg-config
  • devel/libxml2
  • java/jdk16
  • converters/libiconv
Ubuntu 9.04
GWTはgwt-linux-1.5.3.tar.bz2をダウンロードして、適当なパスに展開しておきます。さらに一般的な開発環境に加え、libstd、libcgiと、次のパッケージをインストールしておきます。
  • pkg-config
  • libxml2-dev
  • sun-java6-jdk
openSUSE 10.3
GWTはgwt-linux-1.5.3.tar.bz2をダウンロードして、適当なパスに展開しておきます。さらに一般的な開発環境に加え、libstd、libcgiと、次のRPMをインストールしておきます。
  • pkg-config-0.21-38
  • libxml2-devel-2.6.30-4.2
  • java-1_6_0-sun-devel-1.6.0.u7-1.1

実行に必要なもの

実行には次のものが必要です。

  • libstd
  • libcgi
  • libxml2
  • libiconvのiconv(1)
  • ウェブサーバ(Apacheなど)
  • ウェブブラウザ(Internet Explorer 7, FireFox 2)

各プラットフォームではそれぞれ次のように準備するのが簡単です。

FreeBSD 6.3
ビルドのためにインストールしたものに加えて、以下のportsをインストールしておきます。
  • www/apache22
  • www/firefox
Ubuntu 9.04
ビルドのためにインストールしたものに加えて、次のパッケージをインストールしておきます。
  • apache2
  • firefox
openSUSE 10.3
ビルドのためにインストールしたものに加えて、次のRPMをインストールしておきます。
  • apache2-2.2.4-70.4
  • apache2-utils-2.2.4-70.4
  • apache2-example-pages-2.2.4-70.4
  • MozillaFirefox-2.0.0.16-0.1

ビルドとインストール

次の手順でビルド、インストールします。

% tar jxf madangler-YYYYMMDD.tar.bz2
% cd madangler-YYYYMMDD/
% ./configure ★1 \
    --with-gwt-dir=/usr/local/gwt-linux-1.5.3 \
    --with-web-dir=/usr/local/www/data/MadAngler \
    --with-data-dir=/usr/local/MadAngler \
    --with-www-user=www
% make ★2
% su
# make install ★2 ★3

次にウェブサーバを設定します。ウェブページを公開するパス、CGIの実行許可、アクセス制限などを設定しておきます。それを終えたら、--with-web-dirオプションで指定したパスに相当するURL(例: http://localhost/MadAngler/index.html)をブラウザで開き、次のようなページが表示されることを確認します。正しく表示されればインストールは成功です。

★1 --with-gwt-dirにはGWTが展開されているディレクトリのパスを指定します。--with-web-dirにはウェブサーバが公開するディレクトリのパスを指定します。--with-data-dirにはMad Anglerのデータベースやログを保存するディレクトリのパスを指定します。--with-www-userにはCGIを実行するウェブサーバのプロセスのユーザ名を指定します(典型的な値はFreeBSDではwww、Ubuntuではwww-data、openSUSEではwwwrunです)。

★2 FreeBSDではmakeの代わりにgmakeを使用してください。

★3 インストールされるファイルは次の通りです(data-dirweb-dirは、それぞれconfigureのオプション--with-data-dir--with-web-dirで指定したパスです)。

data-dir/db
data-dir/id_rsa
data-dir/id_rsa.pub
data-dir/id_rsa.pub.txt
data-dir/known_hosts
data-dir/log.sh
data-dir/log2html.sed
data-dir/post-all-build.sh
data-dir/post-build.sh
data-dir/projects
data-dir/ssh_config
web-dir/(GWTが生成するファイル一式)
web-dir/MadAngler.css
web-dir/images/
web-dir/images/arrow-down-disabled.png
web-dir/images/arrow-down-enabled.png
web-dir/images/arrow-up-disabled.png
web-dir/images/arrow-up-enabled.png
web-dir/images/black.png
web-dir/images/getout.png
web-dir/images/pubkey.png
web-dir/images/reload.png
web-dir/images/right-arrow.png
web-dir/images/waiting-blue-18x18.gif
web-dir/images/waiting-white-18x18.gif
web-dir/index.html
web-dir/shell.cgi

Last modified: Mon Oct 26 02:40:09 JST 2009
たなか ともひさ