Maroontress Fast Software Mad Angler
Top
Download
Tutorial
Manual
Reference
Release Notes

API Reference

ビルド
ビルドログの取得
ビルド一覧
ビルド詳細の取得
プロジェクトプロパティの取得
プロジェクトプロパティの設定
プロジェクト一覧
プロジェクト作成
プロジェクト削除
公開鍵の取得

ビルド

Parameters
projectId=プロジェクトID
&revision=リビジョン
&author=作成者
Return
XMLドキュメント
Description

ビルドを要求します。

次の形式のXMLドキュメントを返します。

<status code="..." message="..." />

status要素の属性は次のようになります。

  • code: 成功した場合は0、エラーの場合は-1
  • message: 可読なメッセージ

ビルドログの取得

Parameters
method=getBuildLog
&projectId=プロジェクトID
&serial=シリアル
&platformCode=プラットフォームコード
[&tail=true]
Return
成功した場合はHTMLドキュメント、そうでなければXMLドキュメント
Description

ビルドログを取得します。

成功した場合はログをHTMLドキュメントとして返します。そうでない場合は次の形式のXMLドキュメントを返します。

<status code="-1" message="..." />

属性は次のようになります。

  • message: 可読なメッセージ

ビルド一覧

Parameters
method=listBuilds
&projectId=プロジェクトID
[&startKey=開始シリアル]
Return
XMLドキュメント
Description

ビルド一覧を取得します。startKeyが指定されていなけば最新のビルドを最大10件を取得します。startKeyが指定されている場合はstartKeyから最大10件取得します。

次の形式のXMLドキュメントを返します。

<status code="..." message="...">
  <build serial="..." revision="..." author="..." date="..." status="..." />
  ...
  <next serial="..." />
  <prev serial="..." />
</status>

status要素の属性は次のようになります。

  • code: 成功した場合は0、エラーの場合は-1
  • message: 可読なメッセージ

build要素の属性は次のようになります。

  • serial: シリアル
  • revision: リビジョン
  • author: 作成者
  • date: 日付
  • status: ステータス不明は0、成功は1、失敗は2

取得したビルド一覧に次のページ、前のページがある場合は、それぞれnext、prev要素が付加されます。next/prev要素の属性は次のようになります。

  • serial: 次または前のページの開始位置となるstartKey。

ビルド詳細の取得

Parameters
method=getBuildDetail
&projectId=プロジェクトID
&serial=シリアル
Return
XMLドキュメント
Description

ビルド詳細を取得します。

次の形式のXMLドキュメントを返します。

<status code="..." message="...">
  <detail date="..." revision="..." author="..." status="..." />
  <platform id="..." code="..." status="..." />
  ...
</status>

status要素の属性は次のようになります。

  • code: 成功した場合は0、エラーの場合は-1
  • message: 可読なメッセージ

detail要素の属性は次のようになります。

  • date: 日付
  • revision: リビジョン
  • author: 作成者
  • status: ステータス不明は0、成功は1、失敗は2

platform要素の属性は次のようになります。

  • id: プラットフォームID
  • code: プラットフォームコード(ビルドログの取得で使用する)
  • status: 成功は1、失敗は2

プロジェクトプロパティの取得

Parameters
method=getProperty
&projectId=プロジェクトID
Return
XMLドキュメント
Description

プロジェクトプロパティを取得します。

次の形式のXMLドキュメントを返します。

<status code="..." message="...">
  <property description="..." mailEnabled="..." smtpServer="..."
  sender="..." receipient="..." />
  <platform id="..." host="..." command="..." charset="..." />
  ...
</status>

status要素の属性は次のようになります。

  • code: 成功した場合は0、エラーの場合は-1
  • message: 可読なメッセージ

property要素の属性は次のようになります。

  • description: プロジェクトの説明
  • mailEnabled: メールで通知する場合は1、そうでなければ0
  • smtpServer: 未使用
  • sender: メールの送信元
  • receipient: メールの宛先

platform要素の属性は次のようになります。

  • id: プラットフォームID
  • host: ユーザ名@ホスト名
  • command: リモートコマンドのパス
  • charset: ログの文字セット名(UTF-8, EUC-JPなど)

プロジェクトプロパティの設定

Parameters
method=setProperty
&projectId=プロジェクトID
&projectConfig=プロジェクトプロパティ
Return
XMLドキュメント
Description

プロジェクトプロパティを設定します。

projectConfigには次の形式のXMLドキュメントを指定します。

<projectConfig>
  <property description="..." mailEnabled="..." smtpServer="..."
  sender="..." receipient="..." />
  <platform id="..." host="..." command="..." charset="..." />
  ...
</projectConfig>

property要素の属性は次のようになります。

  • description: プロジェクトの説明
  • mailEnabled: メールで通知する場合は1、そうでなければ0
  • smtpServer: 未使用
  • sender: メールの送信元
  • receipient: メールの宛先

platform要素の属性は次のようになります。

  • id: プラットフォームID
  • host: ユーザ名@ホスト名
  • command: リモートコマンドのパス
  • charset: ログの文字セット名(UTF-8, EUC-JPなど)

次の形式のXMLドキュメントを返します。

<status code="..." message="..." />

status要素の属性は次のようになります。

  • code: 成功した場合は0、エラーの場合は-1
  • message: 可読なメッセージ

プロジェクト一覧

Parameters
method=listProjects
Return
XMLドキュメント
Description

プロジェクト一覧を取得します。

次の形式のXMLドキュメントを返します。

<projectList>
  <project name="..." description="..." />
  ...
</projectList>

属性は次のようになります。

  • name: プロジェクトID
  • description: プロジェクトの説明

プロジェクト作成

Parameters
method=createProject
&projectId=プロジェクトID
Return
XMLドキュメント
Description

プロジェクトを作成します。

次の形式のXMLドキュメントを返します。

<status code="..." message="..." />

status要素の属性は次のようになります。

  • code: 成功した場合は0、エラーの場合は-1
  • message: 可読なメッセージ

プロジェクト削除

Parameters
method=deleteProject
&projectId=プロジェクトID
Return
XMLドキュメント
Description

プロジェクトを削除します。

次の形式のXMLドキュメントを返します。

<status code="..." message="..." />

status要素の属性は次のようになります。

  • code: 成功した場合は0、エラーの場合は-1
  • message: 可読なメッセージ

公開鍵の取得

Parameters
method=getPublicKey
Return
成功した場合はHTMLドキュメント、そうでければXMLドキュメント
Description

公開鍵を取得します。

成功した場合は公開鍵をHTMLドキュメントとして返します。そうでない場合は次の形式のXMLドキュメントを返します。

<status code="-1" message="..." />

属性は次のようになります。

  • message: 可読なメッセージ
たなか ともひさ