Maroontress Fast Software Sanctuary 2.0
Top
2.0
1.0
 Release Notes   Tutorial   Reference   DTD   Download   

Release Notes

リリースノート 2.0.3 (2008-09-17)

  • sanctuary-2.0.3.tar.bz2をリリース。
  • バグ修正:
    • ${prefix}/bin/が存在しないとき、ant installが失敗するバグを修正。
    • ant install実行後にant install -Dprefix=/anotherを実行すると、/another/bin/にスクリプトが正しくインストールされないバグを修正。

リリースノート 2.0.2 (2008-06-05)

  • sanctuary-2.0.2.tar.bz2をリリース。
  • バグ修正:
    • C++対応のヘッダファイルを生成するとき、グローバル変数の宣言をextern "C" {...}で囲まないバグを修正。

リリースノート 2.0.1 (2008-04-30)

  • sanctuary-2.0.1.tar.bz2をリリース。
  • バグ修正:
    • スタブのオーバライド用関数ポインタのプロトタイプに修飾子を出力しないようにした。
    • xclassのドキュメントで同じパッケージの識別子への自動リンクが簡略形にならないバグを修正。
    • xclassの実体となる共用体のインポートマクロを生成しないバグを修正。

リリースノート 2.0.0 (2007-09-23)

  • sanctuary-2.0.0.tar.bz2をリリース。
  • sanctuary-20070527.tar.bz2(バージョン1.0.4)をインポートして、バージョン2の系列の新リポジトリに移行。
  • 新機能と変更:
    • cathedralブランチをマージ。
    • TeX出力のハイパーリンク機能をHTML出力と同等に改善。
    • --codeオプションを引数無しに変更し、デフォルトでC++対応のヘッダファイルを生成するようにした。
    • --output-dir, --input-file, --without-c++オプションを追加。
    • 外部DTDのシステムIDに指定したURLが、互換性のないバージョンのDTDである場合は例外をスローするようにした。
  • DTD:
    • methodmember要素を追加し、構造体、共用体の関数ポインタ型メンバをmethodmember要素で指定するようにした。
    • method要素は構造体、共用体のメンバに指定できなくなった。
  • バグ修正:
    • TeX出力: 数学モードのエスケープ処理で一部の文字がエスケープされないバグを修正。
  • 実装の変更:
    • クラス名の改名、サブパッケージにクラスを分割。
    • ハッシュマップと定数プールの利用。
    • 重複するコードを共通化。
    • ソースコードからコピーライト表示を削除。
たなか ともひさ